通信制高校への進学を考える

人生で初めて自分で決める進路が

メニュー TOP 高校へ通う価値が見出せなかった 日中にアルバイトや他の勉強をしていた 人生で初めて自分で決める進路が

校庭

時間割を与えられていたわけではなかったので、時間配分や時間の調整がうまくなりました。これは今でも非常に役に立っています。 これらのことは通信制高校へ進学していなければ、まだわからなかったことだと思います。中学生のときは決められたものを決められたようにこなしていた気がします。それが当たり前でしたので嫌な気持ちもありませんでした。その代わりに自分のキャパシティーも知りませんでしたし、自分で何かを考えたり決めたりということも思いつきませんでした。良くも悪くも自分の可能性を自分自身で狭めていたように、今では感じています。 人生で初めて自分で決める進路が中学校卒業後のことでしょう。私の中では、中学生と高校生は大きく違っています。それは私自身が中学生のときと高校生の年代で大きく異なった生活を送っていたからなのかもしれません。それでも後悔は全くありませんし、通信制高校へ行ってよかったと思っています。



TOP 高校へ通う価値が見出せなかった